演劇製作会社る・ひまわり公演作品の関連商品(DVD・パンフレット・公演ブロマイドなど)の公式販売サイトです。
 

白痴 > 『白痴』DVD

< [前の商品] [次の商品] >

『白痴』DVD

価格 : 6,400 円(税込7,040 円)
数量
 

 510円〜

お気に入り登録

友達にメールですすめる



『白痴』DVD

2018年3月28日(水)〜4月1日(日)
CBGKシブゲキ!!にて上演。

<収録内容・時間>
本編映像:約98分
特典映像:舞台裏 約15分

原作:坂口安吾
脚本・演出:ほさかよう
出演:小早川俊輔、佐伯亮、中村龍介、碕理人、二瓶拓也、谷戸亮太、熊手萌、加藤啓、木ノ本嶺浩

 


【あらすじ】

時代は過去。舞台はこの国。戦争が起きている。

安アパートが林立し、半分以上は軍需工場の寮となっていて、そのほとんどの部屋には妾と淫売が暮らしていて、

近所の商店街は荒れ、商品も無い百貨店、毎晩開かれる賭場、安酒が消費される国民酒場、それらが雑多にひしめき合う小さな町。

若手の映画演出家である伊沢はこの町の“仕立て屋”が持つ寮の一室に住んでいる。

隣家には、町でも有名な資産家ながらも「気違い」の一家が住んでいた。

ある日、気違いの妻である白痴の女が、伊沢の部屋の押し入れに逃げ込んできたかのように隠れていた。

その日から二人の秘密の同居生活が始まる。

『駄目だ。君を抱いたら、私はこの町の人間たちと同じ豚になってしまう。

…触れたい。…抱きたい。俺は、君が欲しい』

やがて起きる空襲警報。その時、伊沢は…。

―悔い改めろ。お前の物語を生きぬこと。


【日程】2018年3月28日(水)〜4月1日(日)
【劇場】CBGKシブゲキ!!
【原作】坂口安吾

【脚本・演出】ほさかよう

【出演】

小早川俊輔、佐伯亮、中村龍介、碕理人、二瓶拓也、谷戸亮太、熊手萌、加藤啓/木ノ本嶺浩

伊沢(小早川俊輔)…主人公。映画演出家を目指す青年。仕立て屋の営む寮に下宿中。
『駄目だ。君を抱いたら、私はこの町の人間たちと同じ豚になってしまう。
…触れたい。…抱きたい。俺は、君が欲しい』

仕立て屋(佐伯亮)…伊沢が住む寮を持つ仕立て屋の青年。伊沢のことを気にかける。
『実はあの兄妹、ずっと関係を持ってたんですよ。関係っていったらあれですよ?やっちゃう?やっちゃおうか?みたいな』

少尉(中村龍介)…海軍の少尉。足の怪我の療養のためにこの町に来ている。
『何だと?手助け?…私の妾になりたいというのか?』
 
家鴨(碕理人)…伊沢と同じ寮の屋根裏に住む下宿人の女。町のほとんどの男と寝ている。
『産んだってしょうがないでしょ。誰の子かもわからないのに』

母親(谷戸亮太)…サヨの夫の母親。サヨの義理の義母。
『見ないで下さい!見せてませんから!この子のこと、私見せたくありませんから!』

煙草屋(二瓶拓也)…煙草屋を生業にしながら体を売っている老婆。
『ババアではございません。果物も腐りかけが美味と申しますし』

 サヨ(熊手萌)…気違いの妻
『あなたは私に触れたくないのですか?あなたは私を抱きたくないのですか?』
 
社長(加藤啓)…伊沢が働く映画会社の社長。
『使命。かっこいいなぁ、伊沢くんは。じゃぁ二百円はいらないか。伊沢くんの月給、二百円だったよね?それ、いらない?使命さえあれば、そんなの欲しくない?』

気違い(木ノ本嶺浩)…サヨの夫
『誰よりも人間?この女が?……欲しければやろう。』